開眼供養・入仏法要について

  今回は仏壇を新しく購入、安置した後に行うことについてお話しします。
「開眼供養/入仏法要」とは、仏壇が安置された後に御本尊に命を吹き込む儀式です。よくお仏壇に対して行うと考えられる方が多いですが、御本尊に対して行う儀式です。
開眼供養を行うにあたり、お寺様と日程を調整し、お参りして頂くよう手配します。「お魂入れ」「お性根入れ」とも言いますが、浄土真宗では「入仏法要」といい、阿弥陀如来様をお迎えする「法要」となります。
 なお、各ご家庭にお仏壇を納めることは「慶事」ですので、忌明け法要とご一緒にされる場合は、お祝いの祝儀袋を別にご用意してください。ない場合は郵便番号欄の無い白い封筒で構いません。表書きは、「お布施」となりますが、「開眼供養」「入仏慶讃法要」と小さく法要名を入れておくと丁寧です。

仏壇に手を合わせている画像