社員コラム「収骨について」を公開しました

収骨(しゅうこつ)とは、火葬が終わったあとに遺骨を骨壷に収める作業のことです。骨上げ(こつあげ)とも呼ばれ、2人1組で行い、火葬場で用意される竹の箸を使って一つの骨を2人一緒に挟んで骨壺へ収めていきます。今回の社員コラムは収骨について作成いたしました、ぜひ、ご一読ください。

◯おおすみ会館ひかり社員コラム
 >>「収骨について」

社員コラム「収骨について」へのリンクバナー