社員コラム「臨終勤行とは」を公開しました

「臨終勤行」は「りんじゅうごんぎょう」と読む浄土真宗の儀式です。ほかの宗派では「枕経(まくらきょう、あるいはまくらぎょう)」といいます。臨終勤行とはどのようなことを行うのか、またその意味や由来をお伝えします。

◯おおすみ会館ひかり社員コラム
 >>「臨終勤行(りんじゅうごんぎょう)とは」

社員コラム「臨終勤行とは」へのリンクバナー